Loading…

スポンサーサイト

Posted by rsanadai on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島!動植物調査!

Posted by rsanadai on 31.2011 研究所   0 comments   0 trackback
現在無人島の、佐賀関半島の沖に浮かぶ「高島」は、

外来種の動植物の少ない場所で、日本独特のものが中心だそうです




こちらは、高島に到着して、すぐのキャンプ村にあった看板です

尾根をずっと西から東に向かって進んで行きます!



軍事用に作られていた石垣の穴

IMG_1551.jpg

この島の地質は、三波川変成帯の結晶片岩類と石灰石からなっておりますが

主は、石灰岩質です

この写真も、石灰石です

IMG_1548.jpg

ウスカワマイマイ」の殻

IMG_1546.jpg

こちらも軍事用に整備された石垣

IMG_1544.jpg

ミヤコジマツヅラフジ」葉が縦長のハート型になっております

IMG_1535.jpg

赤い色の蟹は、「アカテガニ

IMG_1669.jpg

オリヅルシダ

根っこのところから折り返してまた葉が生えてくるそうです

葉のデザイン(命のつくりだすデザイン)がとても素晴しい!!

いつも命のデザインには敵わないと思い知らされます

IMG_1621.jpg

マメヅタ」丸い形の肉厚の葉が岩に突き刺さっているように見えます

佐田岬半島にも見られるとのこと

個人的には、この「マメヅタ」がお気に入りです!

ずっと見ていても飽きません!

IMG_1619.jpg

こちら、かなり深い穴

落ちたら誰も助けられません・・・

IMG_1575.jpg

山頂に近づくにつれ、石垣の石の大きさが小さくなり、積み方も布積みから雑積みに変化していきます

IMG_1561.jpg

こちら、木の幹にらせん状の傷が無数についております

タイワンリス」が噛んだ跡だそうです

姿は見られませんでしたが、きっと近くにいたのでしょう

IMG_1560.jpg

最後に、一同、「ネコノシタ」を発見し、感動!!

特徴は、本当の猫の舌みたいに葉の部分がざらざらしていることです

実際に触ってみると、ざらざらしていて、面白い名付け方だなと思いました

佐田岬半島にも昔は見られたそうですが、今は、見たことがないそうです

非常に貴重で、植物調査の専門家でも、なかなかみられないとのこと

IMG_1696.jpg

この調査を通じて、佐田岬半島にあった植物が減ったりなくなったりしている事実が分かり

なんともいえない気持ちになりました



また、高島には、船で渡航できますが、非常に貴重な植物が存在しておりますので、

採取はご遠慮いただけたらたらと思います
スポンサーサイト

プロフィール

rsanadai

Author:rsanadai
建築やまちを育んでいく活動を主軸に
未来の子どもたちに素晴しい環境を
残していきたいと考えております
http://www.sanadai.com

かまぼこカーテン設計・制作
日本大学理工学部建築学科

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。